マスコミが絶対に書かない競馬騎手の真実

本当に上手い騎手とは?本当に強い馬とは?競馬の勝ち負けに及ぼす騎手の影響は3割といわれています。騎手だけに限らず、馬主の意向やエージェントの役割など、純粋な競走馬の能力以外で「競馬の勝ち負けに影響を及ぼす要因」を紐解きます。本当に競馬は騎手で勝てるのか?騎手から見えてくるもうひとつの競馬の姿とは?

*

騎手で競馬は勝てるのか?買い方と狙い方

競馬は一般的に「人三馬七」と言われ、馬の能力が7割、騎手(ジョッキー)の力は3割と言われます。血統に裏づけされた馬の能力を最大限に引き出すのがジョッキーの役割りです。しかし、人気ジョッキーの乗った馬がその実力以上に人気を集めることも少なくありません。

騎手こそ「疑ってかかる」旨味がある

こんな時馬券の買い方が難しくなります。多くの人が「勝つ」「勝って欲しい」と予想しているときほど、疑ってみるのが高額馬券的中の秘訣です。

競馬ファンの常として、リーディングジョッキーなど、好成績を挙げているジョッキーの乗った馬は次のレースも勝つのではないかと思いがちです。そんなときほど、勝つ要素、負ける要素をデータなどから分析して、勝ち馬予想ができれば、勝利の女神が大きな笑顔を向けてくれるのです。

人気騎手が勝てる騎手とは限らない

ジョッキーの人気と馬券の回収率は比例しません。たしかに、人気騎手は勝ち鞍が多いから人気があり、馬の能力を引き出すことが巧みだから常に勝ち負けを争い、好成績を残すから人気があるといえるのです。

さらに、人気があるから好素質の馬に乗せてもらえるケースも多いのです。しかし、常に人気騎手の馬を避けて馬券を購入すれば、いつも高配当が狙えるかと言えばそうとも言い切れません。

馬の能力「7割」の真意

実際に馬券を購入するときは馬の能力が、競走条件にあっているか細かくデータを分析する必要があります。

競走馬は血統によって長距離が得意な馬、短距離が得意な馬、さらに、持久力のある馬、瞬発力のある馬、芝コースに合っている馬、ダートコースが得意な馬がいます。

いくら人気のあるジョッキーが乗っても、このような条件から外れた乗り方であれば、成績を残すことはできないのです。

馬×騎手の組み合わせがハマる

さらに、競走で得た賞金額によって500万円以下、1000万円以下、1600万円以下とクラスが分かれ、順に勝ち上がっていきます。最終的にオープンクラスになり全競走馬の頂点に立つ、天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念などのG1レースに出走できることになります。

このクラスまで勝ち上がる馬は、得意な距離、得意なコースと馬の能力を引き出す騎手がほぼ決まっています。この条件にハマったレースであれば「買い」となります。

騎手の技術力が馬を競争能力を左右する

競走馬にもさまざまな性格があり、気性の激しい馬や、他の馬におびえる臆病な馬などがいます。このような馬の競走能力を発揮させるためにはジョッキーの腕がものをいいます。

「手綱さばき」は競走馬の成績にとって重要な要素であることは間違いありません。しかし、結論的にいえば、競馬の勝ち負けはジョッキーの人気でなく、技術で決まると言えるでしょう。

騎手の技術力を見る目を養うことが、最も大事なことだといえます。騎手と関連性が非常に高い、エージェントの情報を重視する予想サイトがわかる競馬予想サイトランキングがオススメです。

公開日:
最終更新日:2016/05/02